なぜ中性脂肪が危険なのか

メタボ健診こと「特定健診・保健指導」では、内臓脂肪の蓄積があって、中性脂肪が150mg/dl以上であるならば、保健指導の対象に入ります。しかし中性脂肪が150未満、あるいはその前後という低い値でも動脈硬化のリスクはゼロではありません。

 

動脈硬化の病巣に中性脂肪がたまるわけではありませんので、中性脂肪のそれ自体が悪いということよりも、中性脂肪が高くなると血液中のコレステロールの状態が悪くなって、さまざまな病態を引き起こす隠れた存在だといえます。

 

 

善玉のHDL(善玉コレステロール)とは反比例の関係にあり、高中性脂肪血症と同時に低HDLコレステロール血症も起こってきます。その一方では、中性脂肪は肝臓から出てくる「リポタンパク(VLDL)」に乗って血液中を流れています。そこに中性脂肪が多く含まれていると、代謝の途中で悪性の「レムナント」ができてしまい高レムナント血症は動脈硬化へとつながります。

 

 

また悪玉のLDLよりもさらに超悪玉だと言われる「スモール・デンス・LDL」ができてしまいます。スモール・デンス・LDLはとても変性しやすく、小粒で血管壁にもぐり込みやすいという性質があるために、さらに動脈硬化を促進することになりますので、メタボリックシンドロームとしてハイリスクで注意が必要です。