2017/02/05 22:12:05 | 予防や対策、その運動
生活習慣の改善を行うことに「メタボリックシンドロームの予防法」として勝るものはありません。アメリカの研究でも、生活習慣を改善することで糖尿病の発症頻度が減ったという報告もあります。これらのことからも、メタボ健診・保健指導の方向性は正しいことでしょう。個人個人に対する保健師さんなどの活動も大変重要となります。しかしながら、生活習慣だけでは、メタボリックシンドロームを改善できない人もいます。そういう時には、その人のリスクの高さを考慮しながら薬剤を使って治療することになります。その有用性も示されてきました。例えば、海外の臨床試験「FIELD」では中性脂肪を下げるフィブラート系薬剤を使い、心筋梗塞や脳...