健康セカンドライフ100の知恵について

 

セカンドライフを楽しむには、健康である事が大切ですよね。健康な生活を送るということは、食事や日々の運動だけではなく、生活習慣の改善やサプリメントの効果的な接種法も理解しておいて損はありません!高血圧、糖尿病、脳梗塞などといった病気とはおさらばしましょう。

 

ロコモティブシンドローム対策

気が付いた時がはじめ時です。さあ、はじめよう、ロコモティブシンドローム対策を!ヒザや腰の痛みをいつもおことと放っておいてはいけませんよ。年齢を重ねてもずっとアクティブでいるためには、早め早めのケアが大切です。ロコモ対策に早過ぎるということはありません。将来の元気と健康のためにも、関節・骨・筋肉を健やかに維持するように心掛けてください。ケガをして動けなくなってからでは遅いですからね。寝たきりの老後生活にしないためにも、歩いたり、階段の上り下りをスイスイこなすには、関節や筋肉が丈夫で健やかでなければなりませんからね。

 

【気になるニュース】

 

水分摂取量の目安:アンチエイジング

私たちの体に必要な1日の水分の摂取量はどれくらい必要かご存知でしょうか。成人の場合ですと、1日に約2.5リットルの水分を摂取していると考えられています。飲み水は当然のことながら、食物からも同じくらいの量の水を摂取しています。野菜や果物そしてパンといった食べ物にも必ず水分が含まれているのです。さらには体内で作られている「代謝水」という水分もあります...(続きはブログ内にて)

 

パソコンと眼精疲労:快適セカンドライフ

大型のコンピュータが会社や工場では当たり前のように使われていたり、医療機器にも使われているようになったので、選任のオペレータが操作をしていました。しかし、20年位前から徐々にコンピュータの小型化が進んで、個人が購入できるパソコンが登場しました。こうなると個人がパソコンを操作する時代になりました。現在はますますその性能が進化して、更なる小型化・低...(続きはブログ内にて)

 

毛髪のお悩みについて

円形脱毛症とは、精神的なストレスから自己を守るために異常な免疫反応が起きる事が原因です。円形脱毛症で悩み、東京や大阪の病院だけでなく薬、サプリメント、多発性円形脱毛症の原因や治療法に至るまでくまなく探した筆者のブログが同じ円形脱毛症の悩みを持つ読者の参考になれば幸いです。髪の毛の悩み解消!飲む育毛剤プロペシアやAGA・薄毛・かつら・育毛剤などを特集します。読むだけで発毛するかも!?

 

発毛剤M-1@世界初で新流行の育毛サプリ!
世界初の分子ピーリング採用で頭皮を若返らせることに成功した発毛剤『M-1育毛サプリ』が満を持しての登場!驚異の育毛効果は世界初の証です。

 

 

健康セカンドライフ関連書籍
  • 生活習慣病の予防・治療に役立つハイテク医療機器ガイド
  • 生活習慣病対策―肥満症、糖尿病、高脂血症、高血圧の予防
  • 男の更年期・女の更年期
  • 成人病の新しい治療薬 (ポピュラーサイエンス)

 

アンチエイジング関連書籍
  • 歯科からはじめるアンチエイジング―あなたの歯年齢はいく
  • やさしいヨガ4週間プログラム (主婦の友生活シリーズ)
  • ピラテスのすべて―体の芯から美しくなるアンチ・エイジングメソッド (AC mook)
  • カラダ年齢20代!1分アンチエイジングダイエット

 

 
2017/08/06 07:07:06 | メタボ健診について
「メタボ健診」と言われる特定健診・保健指導については、メタボリックシンドロームと完全に一致させているものではありません。あくまでもメタボリックシンドロームとは、ひとつのカテゴリーとして、動脈硬化を起こしやすい人を抽出するというのが大きな狙いなのです。ですので、メタボリックシンドロームの審査基準とともに、LDLコレステロールや喫煙者のチェック項目が入っています。これまで厚生労働省の指針は、測定するだけで終わらせていましたが、これからはしっかりと評価をして、その後の検証もされます。これは、日本の健康行政においては、非常に素晴らしい進歩だと言えます。この「メタボ健診」を実施することによって、10年か...
2017/07/23 07:03:23 | メタボ健診について
メタボリック・シンドローム(内臓脂肪症候群)を減らすための特定健診「メタボ健診」と保健指導が厚生労働省の指導により導入され、40歳から74歳の健保加入者(家族含む)の全てが受診することになりました。現在「健康診断を5年以上受けていない」ミセスは30代で29.7%、50代で14.8%とかなり低い受診率となっているようです。とくに30代では健康に自信があるからと思うでしょうが、実は「費用がかかるから」といった理由がトップで41.1%でした。また、50代では「面倒だから」が54.5%にも上がりました。「メタボ健診」こと特定健診には賛否両論の声がかなり多いようですが、受診率はいかになるのかが少し不安に...
2017/07/09 07:08:09 | メタボ健診について
メタボリック・シンドローム該当者と予備軍が男性の4割強だといったら驚かれますか?健康に関する意識調査の結果によりますと、メタボリック・シンドローム(内臓脂肪症候群)に当てはまるかどうかを自己診断してもらったところ、男性は該当者が 12.4%、メタボ予備軍の条件に当てはまる人では 30.5%にもなり、両者を合わせた割合が全体の4割強を占めたそうです。ちなみに女性では、該当者が 3.1%、メタボ予備軍の条件に当てはまる人が 14.9%とのように、男性を大幅に下回っていました。メタボリック シンドロームに該当するのは血中脂質、血圧、血糖の2つ以上で基準値を超えて、なおかつウエストが男性では85センチ...
2017/06/25 07:12:25 | メタボ健診について
キリンビールが実施したアンケートのメタボリックシンドロームに関する意識調査において、約7割の人が自分がメタボリックだと思っていることが分かりました。その他のアンケートでは、身長と体重から求める体格指数(BMI)で肥満体形に該当していた人は、16%にとどまっていました。他にインターネットで調査した20歳以上の3,900人以上から得た回答からは、「自分はメタボまたはメタボ予備軍だと思うか」との問いに対して、「そう思う」の回答は 27.5%、「もしかしたらメタボと思う」は 39.5%で、合計67.0%にもなっています。自分自身の体形については「やや太っている」「太っている」という回答が合わせて 54...
2017/06/11 07:14:11 | メタボ健診について
2008年4月からの「特定健診・保健指導」を考慮して、小林製薬が20代から50代の男女1000人を対象に実施した「生活習慣病実態調査」をしました。その結果を見ますと、メタボリックシンドローム該当者とメタボリック症候群の予備軍の9割の人が、メタボ健診の実施を高く望んでいることがわかりました。メタボリックシンドロームの診断基準は、腹囲85センチ以上の男性は、40代で44%、50代で42%もいました。メタボリックシンドローム該当者とその予備軍の男性で「すでに対処している」といった人は1年前の調査では1割に満たなかったのですが、今回の調査結果では3割にまで増加しています。その理由としては「健康維持・改...
2017/05/28 07:02:28 | メタボ健診について
厚生労働省の指導により40歳から74歳を対象とした特定健診・保健指導(メタボ健診)が始まることから、メタボリックシンドロームに関心が高まると判断した百貨店各社が、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の対策商品の品ぞろえを増やし始めているようです。メタボリックシンドローム対策に関する商品は、これまではテレビの通販番組などが積極的に扱っていました。しかし、メタボ健診の需要を見込んで、メタボ専門の販売員を置いたり、少し変わったダイエット関連商品を仕入れたりなどして、百貨店ならではの売り場作りがされています。小田急百貨店新宿店では早速「メタボリックコーナー」が設置されています。運動器具から健康食...
2017/05/14 07:03:14 | メタボ健診について
メタボリックシンドローム(内蔵脂肪症候群)や糖尿病、子どもやお年寄りのいらっしゃるご家庭などの患者らを対象とした、食生活の講座(セミナー)を開いたり、個人、グループの指導を行う研究施設「栄養クリニック」を、京都女子大が開設しました。「最近ではよく間違った『食』の情報が多いため、1人1人に合った健康に良くてなおかつ美味しい食事を提案したい」というような理想のもとに、教員のほか食物栄養学科で管理栄養士を目指す学生も加わって「栄養クリニック」にてアドバイスをしています。キャンパス内の既存の建物を改築して栄養クリニックが設けられています。減塩、無塩でも美味しい食事を食べられたり、消化がよくて栄養バラン...
2017/04/30 07:11:30 | メタボ健診について
メタボリックシンドローム予防・対策として、松下電工は活動量計「アクティマーカー」を発売しました。この活動量計「アクティマーカー」と呼ばれています。ゲーム機などに使われる3次元加速度センサーを内蔵し、上下、左右、前後といった方向の動きについても敏感に検知してくれます。このアクティマーカーを腰につけておくだけで、サッカーや野球などといった活発な運動から、掃除や洗濯などといった日常の家事という軽度の動きまで、すべての身体活動を測定することができる優れものです!個々の行動においては、身体活動の量を表すために厚生労働働省が新たに定めた「エクササイズ」(Ex)や、活動強度を表す「メッツ」(METs)といっ...
2017/04/16 07:19:16 | メタボ健診について
2008年4月から始まった特定健診・保健指導を背景に、メタボリック・シンドローム(内臓脂肪症候群)対策とする掃除や洗濯など日常生活の運動量を正確に測定できる「活動量計」が発売されて、一躍話題を呼びました。これまでに市販されていた歩数計では測定できなかった活動強度や消費カロリーを把握することによって、ダイエットや生活習慣病の改善につながるといった期待が高まっています。オフィスでパソコンに向かうときでも、自宅で家事をしているときでも、いつでもどこでも腰につけた活動量計の数値が気になって仕方がなくなってくることでしょう。実際に1週間身につけてみると、平日は1万歩以上を歩くのに総合的な運動量が足りない...
2017/04/02 07:23:02 | メタボ健診について
小学生を対象にしたメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の検診について、いじめにつながる可能性を指摘する声があったのですが、「メタボ検診」にはプライバシーを配慮する必要があるのでしょうか?「肥満とされた児童は「メタボ、メタボ!」と言われ、いじめられるのではないか」といった心配の声が挙がりました。もちろん、メタボと診断された児童のプライバシーには十分配慮をすればよいのですが。生活習慣病の早期発見によって、メタボリックシンドロームの早期治療を実施しながら、改善を進めることが子どもの体にとって大変重要なのではないでしょうか。小学4年生頃は低学年から高学年に移行していくにあたり(精神面で)大変重要...