健康セカンドライフ100の知恵について

 

セカンドライフを楽しむには、健康である事が大切ですよね。健康な生活を送るということは、食事や日々の運動だけではなく、生活習慣の改善やサプリメントの効果的な接種法も理解しておいて損はありません!高血圧、糖尿病、脳梗塞などといった病気とはおさらばしましょう。

 

ロコモティブシンドローム対策

気が付いた時がはじめ時です。さあ、はじめよう、ロコモティブシンドローム対策を!ヒザや腰の痛みをいつもおことと放っておいてはいけませんよ。年齢を重ねてもずっとアクティブでいるためには、早め早めのケアが大切です。ロコモ対策に早過ぎるということはありません。将来の元気と健康のためにも、関節・骨・筋肉を健やかに維持するように心掛けてください。ケガをして動けなくなってからでは遅いですからね。寝たきりの老後生活にしないためにも、歩いたり、階段の上り下りをスイスイこなすには、関節や筋肉が丈夫で健やかでなければなりませんからね。

 

【気になるニュース】

 

水分摂取量の目安:アンチエイジング

私たちの体に必要な1日の水分の摂取量はどれくらい必要かご存知でしょうか。成人の場合ですと、1日に約2.5リットルの水分を摂取していると考えられています。飲み水は当然のことながら、食物からも同じくらいの量の水を摂取しています。野菜や果物そしてパンといった食べ物にも必ず水分が含まれているのです。さらには体内で作られている「代謝水」という水分もあります...(続きはブログ内にて)

 

パソコンと眼精疲労:快適セカンドライフ

大型のコンピュータが会社や工場では当たり前のように使われていたり、医療機器にも使われているようになったので、選任のオペレータが操作をしていました。しかし、20年位前から徐々にコンピュータの小型化が進んで、個人が購入できるパソコンが登場しました。こうなると個人がパソコンを操作する時代になりました。現在はますますその性能が進化して、更なる小型化・低...(続きはブログ内にて)

 

毛髪のお悩みについて

円形脱毛症とは、精神的なストレスから自己を守るために異常な免疫反応が起きる事が原因です。円形脱毛症で悩み、東京や大阪の病院だけでなく薬、サプリメント、多発性円形脱毛症の原因や治療法に至るまでくまなく探した筆者のブログが同じ円形脱毛症の悩みを持つ読者の参考になれば幸いです。髪の毛の悩み解消!飲む育毛剤プロペシアやAGA・薄毛・かつら・育毛剤などを特集します。読むだけで発毛するかも!?

 

世界初で新流行の育毛サプリ!
世界初の分子ピーリング採用で頭皮を若返らせることに成功した発毛剤『M-1育毛サプリ』が満を持しての登場!驚異の育毛効果は世界初の証です。

 

 

健康セカンドライフ関連書籍
  • 生活習慣病の予防・治療に役立つハイテク医療機器ガイド
  • 生活習慣病対策―肥満症、糖尿病、高脂血症、高血圧の予防
  • 男の更年期・女の更年期
  • 成人病の新しい治療薬 (ポピュラーサイエンス)

 

アンチエイジング関連書籍
  • 歯科からはじめるアンチエイジング―あなたの歯年齢はいく
  • やさしいヨガ4週間プログラム (主婦の友生活シリーズ)
  • ピラテスのすべて―体の芯から美しくなるアンチ・エイジングメソッド (AC mook)
  • カラダ年齢20代!1分アンチエイジングダイエット

 

 
2018/10/07 07:06:07 | 予防や対策、その運動
運動不足解消のための代表的なものに「ウォーキング」が挙げられます。このウォーキングは、有酸素運動の代表種目です。心肺機能の維持を始めに、糖尿病や肥満そして動脈硬化症などの予防といった医学的な効果が認められています。ウオーキングは生活習慣全般の基本的対策として、とても良い運動だと言えます。1日のうちに約30分ほど、速足で歩く時間を作ると良いでしょう。ただし、歩くことだけで筋肉が保てるのかといいますと、実際には、保つことができないでしょうね。筋肉の維持や柔軟性を保つためには、やっぱり筋トレやストレッチングなどといった、それ専用のトレーニングをするほうが効果的なのです。加齢による筋力の低下で、もっと...
2018/09/30 07:02:30 | 予防や対策、その運動
人は何故、衰えていくのかといいますと、加齢とともに「サルコペニア(筋減少症)」という現象からきています。50代、60代ともなると、筋肉が減少して少しずつ細くなってきます。これが一種の老化現象です。せっかく長生きをしても、意識をしながら筋肉を維持していかなければ、結局はどこにも行けず、動けなくなってしまうほど体の衰えがやってきます。さらに、柔軟性が落ちてくることも要注意です。体が硬くなってきたり、関節が動かしにくく、回せなくもなってきます。そうなってくると、まさに悪循環で、筋肉も落ちてきてさらに柔軟性がなくなり、バランス感覚も落ちてくるでしょう。それに加えて、俊敏性も弱まります。このような状態に...
2018/09/16 06:53:16 | 予防や対策、その運動
医療技術や予防医学の進歩によって、これからも人間の寿命は維持・延長されることでしょう。さまざまな新薬も研究・開発されて、辛い食事療法や激しい運動などに励まなくても、血糖値や肥満をコントロールできるようになってきました。そして早期発見や治療技術の進歩によって、とりあえず生命の危機を回避することができ、ますます長生きすることとなります。たとえ運動不足でも、長生きすることができる時代となったのです。しかしながら、元気なくして永らえる生活には、果たしてどのような人間の幸せがあるのでしょうか?生きているというだけでなく、生活に張りのある実感が持てるようにするためにも、高齢になってからもそれなりに体力を維...
2018/09/02 06:49:02 | 予防や対策、その運動
年齢を重ねることによって、ちょっとつまづいたりするだけでも大怪我をすることがあります。これは、筋力や体の柔軟性、バランス感覚が衰えすぎてきて、瞬間的な対応が取れなくなるからです。人間はただ単に長生きをすればよいというものでもありませんよね。運動をしないダイエットでも、痩せることはできるのでしょうが、筋肉は歴然と落ちてきます。元気で健康的な生活を続けるためには、せめて車イスの人を介助できるくらいの体力を維持しながら、普段からそれなりの運動をする必要があるでしょう。日本人は運動不足によって肥満になってきていることは間違いありません。ですから、きつくて大変な運動ではなく、軽くても継続できる運動をして...
2018/08/19 07:23:19 | 予防や対策、その運動
メタボリック症候群対策の男性専用ダイエットサロンが、東京・神田にオープンしました。現在のところでは口コミを中心に広まった月間利用者が平均300人程度ですが、年内には関東圏を中心にして、10店舗出店する予定だそうです。通っている半数は50歳以上のメタボリック症候群な人でリピート率45%というこのサロンはいったいどんなダイエットサロンなのでしょうか。店名はズバリ「メタボバスター」というこのダイエットサロンでは、EMSと呼ばれる機器の電極パットをお腹に張り付けて、高周波の電気刺激によって腹筋を鍛えて内臓脂肪を燃焼させています。大型で業務用の高周波EMSは以前から一部のアスリートらにも使われていたほど...
2018/08/05 06:51:05 | 予防や対策、その運動
下着大手のワコールでは、メタボリック症候群(内臓脂肪型肥満)を気にする男性向けに、習慣的に着用して歩くとお腹を引き締める効果が期待できるといった機能性下着を順次発売しています。百貨店向けブランド「ダムス」の商品や量販店向け「ブロス」を売り出し、男性向け下着市場への攻勢を強めています。そして男性客からの支持を得ているようです。腹部からひざ上まである商品は、編み方の工夫によって太ももの筋肉を軽く刺激する仕組みとなっています。歩幅が広がって太ももの筋肉全体を使った歩き方になるのが特長です。週に5日間着用して、1日に6000歩以上を長期間歩き続けると、体脂肪率減少やお腹回りが細くなる効果があったという...
2018/07/29 07:00:29 | 予防や対策、その運動
「フィットネス業界にとってはフォローの風!!!」中高年男性の2人に1人、中高年女性の5人に1人は、メタボリック症候群(内臓脂肪型肥満)か、メタボリック予備軍と言われています。高血圧や糖尿病などの生活習慣病を引き起こす恐れがあるこの「メタボリック症候群」などを未然に防ぐため、40歳から74歳までの国民約5600万人を対象にした「特定健診・特定保険指導」が実施されます。そんな背景から「メタボ健診元年」となる2008年には、メタボ関連ビジネスにかなりの関心が集まりそうです。会員制フィットネスクラブ「メガロス」では、メタボリック症候群対策や団塊世代の大量退職に象徴される高齢者層の健康ブームで入会者が後...
2018/07/15 07:05:15 | 予防や対策、その運動
今や糖尿病患者は年々増え続け、日本国民の6.3人に1人と言われています。そして、糖尿病のメカニズム、そして合併症の恐怖は、知らず知らずのうちに、あなたの側にも忍びよっています。そこで、糖尿病にならないための予防対策や糖尿病にならないためには、どう取り組めばいいのかを考えて実践していきましょう。血管の障害はとても複雑で、活性酸素が発生したり接着因子や動脈硬化症になりますと、肥満から糖尿病に発展し心筋梗塞や脳障害にもつながりやすくなります。脳血栓になると脳内出血となり脳卒中にもなってしまいますからね。誰でもが健康維持のために、簡単に入手できるような健康食品として「脈流」が開発されました。サンザシ、...
2018/07/01 07:17:01 | 予防や対策、その運動
特定非営利活動法人「日本糖友会」は平成13年3月30日に内閣総理大臣により認証され、平成13年4月に設立されました。当法人の活動を簡単に紹介しますと、「保健、医療又は福祉の増進を図る活動」といったものに分類されます。生活習慣病予防という認識を各人に醸成し、それを行動に結びつけるという活動、「健康は自分でつくる、みんなで支える」、「個々人に応じた健康づくり」の啓発活動を行っています。厚生労働省が策定した「21世紀における国民健康づくり運動」に基づいて、今後もその推進を図ります。日本国において、糖尿病により失明した人の数は3,500人、人工透析を始めた人は9,000人に及んでいます。現在、糖尿病罹...
2018/06/17 07:02:17 | 予防や対策、その運動
糖尿病患者とその予備軍の支援を行うNPO(特定非営利団体)日本糖友会は東京・銀座の銀座資生堂パーラーにて、メタボリックシンドロームの治療食ではなく、糖尿病の人も安心して食べられなおかつ家族一緒にできるおいしい食事のレシピを紹介する「第11回美食良彩スローフードセミナー」を開催しました。この特定非営利活動法人「日本糖友会」とは、医療関係にはとらわれない幅広い分野のボランティアの人々が、広く国内外の英知を集めつつ、糖尿病者、同未病者およびその家族を中心としてネットワークを作り、糖尿病未病者には発症の予防を、糖尿病罹患者には、健康人と同じように快適な生活が続けられるよう、生活の質の向上を目指し、健康...