国保加入者健康診査でメタボ削減

生活習慣病対策として京都市は、市国民健康保険加入者を対象に始める「特定健康診査」の実施計画をまとめています。受診率を高めながら、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の該当者を2012年度までには、10%減らす数値目標を掲げています。

 

特定健康診査は、4月に施行される高齢者医療確保法に基づいて、40歳から74歳を対象にして行います。腹囲測定のほか高血圧や糖尿病などの可能性を調べて、基準を超えた該当者は保健師ら専門家の支援によって、計画的に体質改善する特定保健指導を受けることになります。

 

 

京都市は2008年度の受診率を40%、指導実施率を30%と設定して、2012年度には受診率65%、指導実施率45%とする目標を定めました。しかし、40歳以上の国保加入者を対象に実施してきた「市民健診」の受診率は2006年度推計で26・5%と低いままです。

 

 

目標達成率が低い場合には、市国保会計から後期高齢者医療の会計に支払う支援金が増える仕組みとなっているために、現状よりも受診者を大幅に増やさなければなりません。国保加入者の受診料は40歳から64歳の人は500円、65歳以上は無料で「受診券」が送られてきます。

 

 

メタボリックシンドロームの該当者とメタボ予備群を合わせた割合は、男性が42・7%、女性は11・6%で、全国平均を下回ったようです。

関連ページ

なぜ中性脂肪が危険なのか
本日は、「なぜ中性脂肪が危険なのか」です。お役に立てれば光栄です。
禁煙と体重の密接な関係
本日は、「禁煙と体重の密接な関係」です。お役に立てれば光栄です。
metabolic syndrome とは
本日は、「metabolic syndrome とは」です。お役に立てれば光栄です。
特定健診は健康行政に一石となるか?
本日は、「特定健診は健康行政に一石となるか?」です。お役に立てれば光栄です。
心血管病対策の必要性とは
本日は、「心血管病対策の必要性とは」です。お役に立てれば光栄です。
LDLコレステロール対策とその治療薬について
本日は、「LDLコレステロール対策とその治療薬について」です。お役に立てれば光栄です。
メタボリックシンドロームの解明へ
本日は、「メタボリックシンドロームの解明へ」です。お役に立てれば光栄です。
内臓脂肪・腹部脂肪が注目
本日は、「内臓脂肪・腹部脂肪が注目」です。お役に立てれば光栄です。
アディポサイトカインとは
本日は、「アディポサイトカインとは」です。お役に立てれば光栄です。
HDLコレステロールについて
本日は、「HDLコレステロールについて」です。お役に立てれば光栄です。
メタボリックシンドローム撲滅委員会とは
本日は、「メタボリックシンドローム撲滅委員会とは」です。お役に立てれば光栄です。
リスクを高める中性脂肪
本日は、「リスクを高める中性脂肪」です。お役に立てれば光栄です。
中性脂肪とメタボリックシンドローム
本日は、「中性脂肪とメタボリックシンドローム」です。お役に立てれば光栄です。
メタボリックシンドローム撲滅キャンペーン
本日は、「メタボリックシンドローム撲滅キャンペーン」です。お役に立てれば光栄です。
メタボリックシンドローム撲滅運動
本日は、「メタボリックシンドローム撲滅運動」です。お役に立てれば光栄です。