LDLコレステロール対策とその治療薬について

メタボリックシンドロームの診断基準にすら入っていないために、安易に考えられ、誤解すらされているかもしれませんが、心血管病予防において、悪玉のLDLコレステロールを下げることは非常に重要なことなのです。

 

1980年代後半から、心血管病予防に関してはコレステロール治療薬に「スタチン」が使われていました。このスタチンは海外でも多くの臨床試験が行なわれ、その結果として治療薬が投与されて心血管病が3割ほど減少することが分かりました。

 

 

さらに死亡率までも低下することが明らかになっていて、LDLコレステロールを下げることの有効性は確立しました。これはとても非常に重要なことといえるでしょう。

 

 

しかしながら、完全に抑えることができるわけではないので、LDLコレステロール以外の危険因子についても注目する必要があるといえます。そこで浮かび上がってきたのが、メタボリックシンドロームです。

関連ページ

なぜ中性脂肪が危険なのか
本日は、「なぜ中性脂肪が危険なのか」です。お役に立てれば光栄です。
国保加入者健康診査でメタボ削減
本日は、「国保加入者健康診査でメタボ削減」です。お役に立てれば光栄です。
禁煙と体重の密接な関係
本日は、「禁煙と体重の密接な関係」です。お役に立てれば光栄です。
metabolic syndrome とは
本日は、「metabolic syndrome とは」です。お役に立てれば光栄です。
特定健診は健康行政に一石となるか?
本日は、「特定健診は健康行政に一石となるか?」です。お役に立てれば光栄です。
心血管病対策の必要性とは
本日は、「心血管病対策の必要性とは」です。お役に立てれば光栄です。