メタボリックシンドロームの解明へ

1990年前後より、肥満・高血糖・血圧高値・脂質異常などがかさなっている人たちに特に多くみられることに「心血管病」を引き起こしていることが問題となりました。肥満を中心として、さらに複数の危険因子が重なった病態として、「シンドロームX」や「死の四重奏」「内臓脂肪症候群」など、一連の症候群が動脈硬化などを引き起こしていることが分かりました。

 

そしてWHO(世界保健機構)が、『メタボリックシンドローム』という共通語とする名前をつけて病態をひとまとめにすることとなりました。

 

 

そうしてLDLコレステロールが高いことと、メタボリックシンドロームとは、まったく並行して動脈硬化を引き起こす存在であると認識するようになりました。

 

 

LDLコレステロールはコントロールしやすくなってきましたが、メタボリックシンドロームは未だに解明されていない部分も多く、また生活習慣病に根ざしたものであることからも、改善することはなかなか難しい状況でもあります。

関連ページ

なぜ中性脂肪が危険なのか
本日は、「なぜ中性脂肪が危険なのか」です。お役に立てれば光栄です。
国保加入者健康診査でメタボ削減
本日は、「国保加入者健康診査でメタボ削減」です。お役に立てれば光栄です。
禁煙と体重の密接な関係
本日は、「禁煙と体重の密接な関係」です。お役に立てれば光栄です。
metabolic syndrome とは
本日は、「metabolic syndrome とは」です。お役に立てれば光栄です。
特定健診は健康行政に一石となるか?
本日は、「特定健診は健康行政に一石となるか?」です。お役に立てれば光栄です。
心血管病対策の必要性とは
本日は、「心血管病対策の必要性とは」です。お役に立てれば光栄です。
LDLコレステロール対策とその治療薬について
本日は、「LDLコレステロール対策とその治療薬について」です。お役に立てれば光栄です。