健康セカンドライフ100の知恵について

 

セカンドライフを楽しむには、健康である事が大切ですよね。健康な生活を送るということは、食事や日々の運動だけではなく、生活習慣の改善やサプリメントの効果的な接種法も理解しておいて損はありません!高血圧、糖尿病、脳梗塞などといった病気とはおさらばしましょう。

 

ロコモティブシンドローム対策

気が付いた時がはじめ時です。さあ、はじめよう、ロコモティブシンドローム対策を!ヒザや腰の痛みをいつもおことと放っておいてはいけませんよ。年齢を重ねてもずっとアクティブでいるためには、早め早めのケアが大切です。ロコモ対策に早過ぎるということはありません。将来の元気と健康のためにも、関節・骨・筋肉を健やかに維持するように心掛けてください。ケガをして動けなくなってからでは遅いですからね。寝たきりの老後生活にしないためにも、歩いたり、階段の上り下りをスイスイこなすには、関節や筋肉が丈夫で健やかでなければなりませんからね。

 

水分摂取量の目安:アンチエイジング

私たちの体に必要な1日の水分の摂取量はどれくらい必要かご存知でしょうか。成人の場合ですと、1日に約2.5リットルの水分を摂取していると考えられています。飲み水は当然のことながら、食物からも同じくらいの量の水を摂取しています。野菜や果物そしてパンといった食べ物にも必ず水分が含まれているのです。さらには体内で作られている「代謝水」という水分もあります...(続きはブログ内にて)

 

パソコンと眼精疲労:快適セカンドライフ

大型のコンピュータが会社や工場では当たり前のように使われていたり、医療機器にも使われているようになったので、選任のオペレータが操作をしていました。しかし、20年位前から徐々にコンピュータの小型化が進んで、個人が購入できるパソコンが登場しました。こうなると個人がパソコンを操作する時代になりました。現在はますますその性能が進化して、更なる小型化・低...(続きはブログ内にて)

 

毛髪のお悩みについて

円形脱毛症とは、精神的なストレスから自己を守るために異常な免疫反応が起きる事が原因です。円形脱毛症で悩み、東京や大阪の病院だけでなく薬、サプリメント、多発性円形脱毛症の原因や治療法に至るまでくまなく探した筆者のブログが同じ円形脱毛症の悩みを持つ読者の参考になれば幸いです。髪の毛の悩み解消!飲む育毛剤プロペシアやAGA・薄毛・かつら・育毛剤などを特集します。読むだけで発毛するかも!?

 

世界初で新流行の育毛サプリ!
世界初の分子ピーリング採用で頭皮を若返らせることに成功した発毛剤『M-1育毛サプリ』が満を持しての登場!驚異の育毛効果は世界初の証です。

 

シニア向けパーソナルトレーニング

人生100年時代、いつまでも自分の足で歩いて行きたいところに行きたい時に動ける身体でいたいものですね。そのためにはロコモ予防が必須です。思うように動けない身体になってしまう前にしっかりと足腰を鍛えておきましょう。そのためにシニア向けパーソナルトレーニングがあるジムがおすすめです。

 

もちろん無理せず焦らず諦めずに、パーソナルトレーナーの考えてくれるメニューに沿って運動を継続することが重要です。独学でいきなり過度な運動や筋トレをしてしまうと身体への負担が大きくなり過ぎて運動を続けられないどころか、ケガをしてしまうリスクもあるので要注意が必要です。

 

 

健康セカンドライフ関連書籍
  • 生活習慣病の予防・治療に役立つハイテク医療機器ガイド
  • 生活習慣病対策―肥満症、糖尿病、高脂血症、高血圧の予防
  • 男の更年期・女の更年期
  • 成人病の新しい治療薬 (ポピュラーサイエンス)

 

アンチエイジング関連書籍
  • 歯科からはじめるアンチエイジング―あなたの歯年齢はいく
  • やさしいヨガ4週間プログラム (主婦の友生活シリーズ)
  • ピラテスのすべて―体の芯から美しくなるアンチ・エイジングメソッド (AC mook)
  • カラダ年齢20代!1分アンチエイジングダイエット

 

パーソナルトレーニング関連書籍
  • みんなで筋肉体操
  • 毎日4分で超快適! 超ラジオ体操
  • 学術的に「正しい」若い体のつくり方 なぜあの人だけが老けないのか?
  • スロトレ完全版 DVDレッスンつき
  • 5つのコツで もっと伸びる カラダが変わる ストレッチ・メソッド
  • 基礎から学ぶ! ストレッチング
  • すごい筋肉貯金 「ながら筋トレ」で死ぬまで歩ける筋肉を貯める方法
 
2020/06/27 11:01:27 | 予防や対策、その運動
新型コロナの感染がとても強い昨今、特に重篤な症状を引き起こすのは高齢者だと言われています。その他には基礎疾患を持っている人やタバコをよく吸う人も気をつけなければなりませんね。コロナウイルスに感染すると高齢者の場合ほとんどが肺炎になって死に至らしめることもあります。 もちろんコロナウイルスが広まる去年まででも、風邪をこじらして肺炎になりお亡くなりになる人も多いのが高齢者の特徴です。肺炎で亡くなる日本人の約98%が65歳というデータがあります。このことからも高齢者の肺炎予防の必要性が高まっているのです。年齢とともに外から侵入してくる細菌やウイルスなどに対する体のバリアパワーは低下しています。このた...
2020/06/20 08:34:20 | 予防や対策、その運動
若い頃からの積み重ねや老化による健康トラブルに注意しましょう。長年の生活習慣の影響や、加齢による機能低下などが顕著に現れてくるのが60~65歳ぐぐらいからです。早めに手を打ってリスクを遠ざけておきましょう。糖尿病は糖の代謝を司るインスリンというホルモンの不足や働きが悪くなることで引き起こされる病気です。糖尿病の患者数は年々増加しており、男女ともに高齢になるほど罹患率が増えています。今では七十歳以上の男性の25.7%、女性の19.8%が該当し、七十歳以上の約5人に1人は、糖尿病が強く疑われるという結果になっています。糖尿病で血糖値が高い状態が続くと血管がダメージを受けて動脈硬化や血管障害はもちろ...
2020/06/14 19:00:14 | 予防や対策、その運動
日本は世界でも指折りの長寿国です。しかしその反面、高齢になるにつれて病気や怪我で寝たきりや要介護になる人が多いのも事実ですよね。なのでこれから先も充実した人生を送るために、今からでも出来る準備を始めていきましょう。今、日本では高齢化が急速に進んでいます。例えば2018年、日本の65歳以上の高齢者人口は約3500万人もいます。これは総人口の四人に1人、約25%という割合です。多いですよね。この先も高齢者の増加と現役世代の減少が見込まれ、2036年には3人に1人、約33%が高齢者になると言う、びっくりするような試算が示されています。さらに2042年には、団塊ジュニア世代と呼ばれる年代が高齢者となり...
2020/05/04 20:53:04 | 予防や対策、その運動
シニア向けパーソナルトレーニングメニューなら、無理をせず、あなたの運動レベルに合わせたトレーニングを提案してくれます。運動器の障害のために移動機能の低下をきたすロコモティブシンドロームが進行すると介護が必要なリスクが高くなります。そうならないためにも、骨や筋肉は適度な運動で刺激を与え、適切な栄養を摂ることで、強く丈夫に維持していきましょう。パーソナルトレーニングジム BASE for〒650-0003神戸市中央区山本通2-1-1 CORNER HOUSE 3FTEL.078-763-0310運動したい、しなやかで引き締まった身体を手に入れたい、と思いながら、なかなかその一歩を踏み出せない方も多...
2018/12/02 07:11:02 | 予防や対策、その運動
人間が元気で長生きをするためには、筋肉の維持をすることが重要です。とくに高齢者の場合、筋肉や筋力を維持することは、元気の源だといっても過言ではありません。当然ながら骨や関節も大事なんだと加えておきます。関節を大きく動かせる能力、つまり柔軟性のある関節はとても大事です。この関節の柔軟性が悪いと、必要なときに瞬発的に関節が開かないで大変危険な目にあうことにもなりますから。仮に足の筋力があったとして、つまづいた時に前に足を出したとしても、足の関節が開かないと体ごと倒れてしまうこととなります。ですから、普段から体を柔らかくするためにストレッチングをしておくことをオススメいたします。関節の「関節可動域」...
2018/11/25 07:12:25 | 予防や対策、その運動
メタボリックシンドローム対策には運動をすることが重要です。しかし、この運動は、本当に軽い内容でも十分なのです。アスリート達が行なうスポーツ競技のトレーニングでは、強い負荷や長時間の負荷をかけて行なう筋トレや練習が必要です。しかし、健康維持のための運動では、有酸素運動でも筋トレでも、決して顔がゆがむまでのきつい負荷をかける必要はまったくありません。このことを裏付ける科学的証拠(エビデンス)も多数報告されているほどです。どうしても運動を始めると、とにかく頑張る人が多いのですが、頑張るのは運動ではなくて、運動する時間をいかに作るのか、そしてどうやってその運動を継続させるのか、といったところを頑張る必...
2018/11/18 07:06:18 | 予防や対策、その運動
厚生労働省が60年前から行なっていた国民栄養調査では、1950年頃から脂肪摂取量が増えています。しかし、本当のところは1970年を過ぎた頃からこの脂肪摂取量が横ばいの状態が続いています。そして2000年以降になると、ヘルシー志向で脂肪の摂取が減少してきている状況なのです。総カロリーも1970年をピークにして減ってきていることは間違いありません。ですが、肥満度については年々、増え続けています。BMI(体格指数)25以上がずっと上がってきています。食べ物として摂取されるカロリーが減っているにもかかわらず、肥満が増えているのが現状なのです!これは、日本人は食べ過ぎで肥満になっているのではなくて、運動...
2018/11/04 07:20:04 | 予防や対策、その運動
スクワットをして健康維持をしている芸能人として有名なのが女優の森光子さんです。朝晩ともに何十回もスクワットをしているようですが、これは普段から鍛えているので大丈夫なのです。普段から運動や筋トレをしていない人が、森光子さんと同じような回数のスクワットをすると、ウオーキングとも同じように、どこか体を痛めてしまうこともあります。過去にも、三重県の市職員がジョギング中に突然死をしたことがあります。少しばかり張り切りすぎだと、保健士にも注意をされていたようですが。メタボリックシンドローム改善のための運動が諸刃の刃になってしまったという悲しいケースでした。反対に、「運動をしないダイエット」も弊害が多いので...
2018/10/21 07:04:21 | 予防や対策、その運動
体に無理なく、筋肉を維持することができる運動というと、「腹筋」「腕立て」「スクワット」をそれぞれ10回から20回くらいするのが良いでしょう。この程度の運動でも、体の主要な筋肉が維持されることとなります。腹筋は、背筋とともに体のコアな部分を支える基本となります。腹筋が緩むと腰痛の原因にもなります。仰向けに寝て、ひざを曲げて、頭を少しだけ上げるだけでも、大変な効果があります。また、腕立ては、肩から上半身すべてに力が入り、伸ばしたり、引いたりすると上半身の力を鍛えることができます。高齢者の方なら、立ちながら壁に向かいながら手を付けて、徐々に身を離していく「斜め腕立て」をするとよいでしょう。膝をついて...
2018/10/07 07:06:07 | 予防や対策、その運動
運動不足解消のための代表的なものに「ウォーキング」が挙げられます。このウォーキングは、有酸素運動の代表種目です。心肺機能の維持を始めに、糖尿病や肥満そして動脈硬化症などの予防といった医学的な効果が認められています。ウオーキングは生活習慣全般の基本的対策として、とても良い運動だと言えます。1日のうちに約30分ほど、速足で歩く時間を作ると良いでしょう。ただし、歩くことだけで筋肉が保てるのかといいますと、実際には、保つことができないでしょうね。筋肉の維持や柔軟性を保つためには、やっぱり筋トレやストレッチングなどといった、それ専用のトレーニングをするほうが効果的なのです。加齢による筋力の低下で、もっと...