血管年齢を若返らせる4つの方法

脳卒中や心筋梗塞などの健康リスクを遠ざけるためには、血管年齢を若返らせる必要があります。そこで血管年齢を若くしてしなやかにするための4つの方法をご紹介いたします。

 

血管年齢が高いということは、それだけで動脈硬化が進んでいると言えるでしょう。放っておくと血管壁はますます固くなります。 脳卒中や心筋梗塞などの命に関わる病気の引き金となる心配があります。

 

しかし今からでも遅くはありません。血管と血液の状態は、食事や運動、睡眠など普段の生活習慣が色濃く反映されています。つまり生活習慣を見直して改善していけば血管年齢を若返らせることが可能なのです。

 

しなやかな血管とサラサラの血液のために、今日からできることを始めていきましょう。

 

①運動習慣をつくろう

運動は内臓脂肪減少させて肥満の予防に役立ちます。また血中の LDL(悪玉) コレステロールを減少させたり、血管の柔軟性を保つNO(一酸化窒素)の産生をアップさせます。1回30分程度の軽い運動やトレーニングを週3回程度行うことから始めてみましょう。手軽にできて無理なく続けやすいウォーキングやジョギングなどの有酸素運動がおすすめです。自宅でできる方法なら昇降台を使ったステップ運動やスクワットなどもおすすめです。

 

②睡眠をしっかりととろう

睡眠不足も血管年齢を上げる原因の一つです。睡眠不足の状態が続くと自律神経のバランスが不安定になる、血圧が上昇しやすくなります。また血糖値を下げるホルモンであるインスリンが働きにくくなることもあります。できるだけ毎日決まった時間に就寝し、7時間から8時間の睡眠時間をとるように心がけましょう。

 

③ストレスをためないようにしよう

過剰なストレスを感じると、自律神経の一つである交感神経が刺激されて血圧が上昇します。また、ストレスがあると体内に活性酸素が発生します。 ldlコレステロールを酸化させて、血管壁にたまりやすくしてしまいます。休日は趣味を楽しむなど上手に気分転換を図ってストレスをためないようにしていきましょう。

 

④食生活に気を配ろう

糖質や脂質を摂りすぎるとエネルギーとして消費できなかったぶんは体脂肪として蓄積されます。さらに血液中に糖や中性脂肪、LDLコレステロールが増え、ドロドロ・カチコチを招いて血管年齢を上げてしまいます。普段の食生活が偏っていないか見直してみましょう。また、サラサラに良いと言われる食材を積極的に取り入れることもお勧めします。

 

また余談ですが、最近では遺伝子で動脈硬化のリスクがわかるようにもなりました。自宅でできる遺伝子検査キットも市販されるようになりましたので、すでにご存じの方も多いのではないでしょうか。検査キットの価格は3万円~4万円ほどしますので、決して安いとは言えませんが、興味のある方はどうぞ。

 

普段の生活習慣のほか生まれ持った遺伝的体質も血管年齢を左右するとされています。遺伝子検査キットでは、自宅で唾液を採取して同意書と一緒に送るだけ。動脈硬化のリスクを始め、がんなどの病気のリスクや体質などを調べることができます。

関連ページ

メタボリックシンドロームの予防法
本日は、「メタボリックシンドロームの予防法」です。お役に立てれば光栄です。
ダイエット挫折防止システムとは
本日は、「ダイエット挫折防止システムとは」です。お役に立てれば光栄です。
メタボリックシンドローム予防の講演
本日は、「メタボリックシンドローム予防の講演」です。お役に立てれば光栄です。
メタボ対策の新商品(清酒)
本日は、「メタボ対策の新商品(清酒)」です。お役に立てれば光栄です。
トヨタの健康支援センター完成
本日は、「トヨタの健康支援センター完成」です。お役に立てれば光栄です。
糖尿病患者でもイタリアンのフルコース
本日は、「糖尿病患者でもイタリアンのフルコース」です。お役に立てれば光栄です。
特定非営利活動法人日本糖友会の活動指針
本日は、「特定非営利活動法人日本糖友会の活動指針」です。お役に立てれば光栄です。
糖尿病にならないための予防対策「脈流」
本日は、「糖尿病にならないための予防対策「脈流」」です。お役に立てれば光栄です。
メタボ健診元年でフィットネス人気
本日は、「メタボ健診元年でフィットネス人気」です。お役に立てれば光栄です。
メタボ対策の男性下着
本日は、「メタボ対策の男性下着」です。お役に立てれば光栄です。
メタボリック症候群対策の男性専用ダイエットサロン
本日は、「メタボリック症候群対策の男性専用ダイエットサロン」です。お役に立てれば光栄です。
肥満の原因は運動不足から
本日は、「肥満の原因は運動不足から」です。お役に立てれば光栄です。
運動不足の長生き時代
本日は、「運動不足の長生き時代」です。お役に立てれば光栄です。
筋肉の維持で健康に!
本日は、「筋肉の維持で健康に!」です。お役に立てれば光栄です。
ウオーキングは基本的な対策・予防
本日は、「ウオーキングは基本的な対策・予防」です。お役に立てれば光栄です。
運動不足解消の工夫!自宅でできる筋トレ
本日は、「運動不足解消の工夫!自宅でできる筋トレ」です。お役に立てれば光栄です。
女優の森光子さんもスクワットで健康
本日は、「女優の森光子さんもスクワットで健康」です。お役に立てれば光栄です。
肥満が今、増えている!
本日は、「肥満が今、増えている!」です。お役に立てれば光栄です。
軽い運動だけで十分なんです
本日は、「軽い運動だけで十分なんです」です。お役に立てれば光栄です。
元気で長生きをするために
本日は、「元気で長生きをするために」です。お役に立てれば光栄です。
パーソナルトレーニング「健やかで、美しいカラダづくりの始め方」の秘訣
「健やかで、美しいカラダづくりをはじめよう」についてパーソナルトレーナーにインタビューしました!
「健康寿命を考える」3人に1人が65歳以上の高齢者になる令和の時代
高齢になるにつれて病気や怪我で寝たきりや要介護になる人が多いのをなんとか対策・予防するためにどうすれば良いのか!?「2040年問題」や「健康寿命」について考えましょう。
65歳以上から注意したい、糖尿病や脂質異常とその予防について
糖尿病や脂質異常の予防には、食事や軽い運動・トレーニングなど少しの生活習慣を変えることから始まります。
高齢者が気を付けるべき新型コロナウイルスと肺炎
新型コロナウイルスに感染すると高齢者のほとんどが肺炎になって死に至らしめることがあります。もちろん普通の風邪をこじらして肺炎になりお亡くなりになる人も多いのが高齢者の特徴です。
加齢による衰えや筋力低下を防いで豊かな人生を送る方法
誰しも加齢による衰えや骨密度の低下、さらに筋力低下からは逃れられません。しかし、そのスピードは緩やかにしたり、最低限の維持を保つことは日々のトレーニングにて可能です。
血液がドロドロの原因とその対策法とは?
日本人の多くは血液がドロドロだと言われています。その理由と対策方法についてご紹介しています。
血液をサラサラにする方法とドロドロ血液の原因とは?
血液ドロドロは、胸が苦しくなったり手足が痺れたり頭痛やめまいを感じることがあります。そこで血液サラサラにする方法をご案内いたします。
元気なシニア世代が定年退職後も活動的に過ごすための鍛え方
定年退職後にも趣味やスポーツ、旅行など活動的にそして意欲的に動き回れる丈夫で元気な身体作りの方法とは!?
骨粗しょう症やロコモ予防のために必要な骨を強くする方法とは?
加齢・老化による骨粗しょう症は症状が現れにくいため骨折をして初めて気づく場合が多いです。悪化するとロコモを招き寝たきり人生になるので要注意!
ストレスに強い体を作る方法・自宅でできるトレーニング
「ストレス」に強い体の特徴とは?ストレスに強い身体の作り方とは?自宅でできるトレーニングや生活習慣によって子供から大人まで対応可能です。
遺伝子検査から分かる健康リスク・病気や寿命
遺伝子検査きっとを使用すればあなたの健康リスク(生活習慣病など病気のリスク等)や寿命などが分かります。