人権、いじめ問題のメタボリック症候群

小学生を対象にしたメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の検診について、いじめにつながる可能性を指摘する声があったのですが、「メタボ検診」にはプライバシーを配慮する必要があるのでしょうか?「肥満とされた児童は「メタボ、メタボ!」と言われ、いじめられるのではないか」といった心配の声が挙がりました。

 

もちろん、メタボと診断された児童のプライバシーには十分配慮をすればよいのですが。生活習慣病の早期発見によって、メタボリックシンドロームの早期治療を実施しながら、改善を進めることが子どもの体にとって大変重要なのではないでしょうか。

 

 

小学4年生頃は低学年から高学年に移行していくにあたり(精神面で)大変重要な時期でもあります。こういった小学生の心の問題も大事ではないかと言う気持ちはもちろん分かります。結局のところは、小学4年生のうち保護者の同意があった児童を対象に、腹囲の測定や血液検査などを実施する措置がとられた自治体があるほどです。

 

 

しかし、メタボリックシンドロームの予防・改善について、人権、いじめ問題にまで発展させるのはいかがなものでしょうか!?

関連ページ

厚生労働省によるメタボ健診義務化
本日のコラムは、「厚生労働省によるメタボ健診義務化」です。お役に立てれば光栄です。
特定健診がスタートしたことについて
本日は、「特定健診がスタートしたことについて」です。お役に立てれば光栄です。
メタボリックシンドロームにおける厚生労働省の基準とは?
本日は、「メタボリックシンドロームにおける厚生労働省の基準とは?」です。お役に立てれば光栄です。
メタボリックシンドロームの診断基準とは?
本日は、「メタボリックシンドロームの診断基準とは?」です。お役に立てれば光栄です。
メタボリック アタック
本日は、「メタボリック アタック」です。お役に立てれば光栄です。
厚生労働省のメタボリックシンドローム試算について
本日は、「厚生労働省のメタボリックシンドローム試算について」です。お役に立てれば光栄です。
メタボリック健診に意味はあるの?
本日は、「メタボリック健診に意味はあるの?」です。お役に立てれば光栄です。
メタボリックシンドローム健診の義務と負担額
本日は、「メタボリックシンドローム健診の義務と負担額」です。お役に立てれば光栄です。