厚生労働省によるメタボ健診義務化

2008年4月からいよいよ新健康診断、特定健診がスタートしました。これは40歳から74歳までの保険加入者は全員が、腹囲測定を含む“メタボ健診”が義務ということです。メタボ健診義務化に伴い健診施設も誕生ラッシュの賑わいを見せているようです。

 

医療界はちょっとした「健診景気」ではないでしょうか。メタボリックシンドロームやメタボリック症候群の予備軍に対して、早い段階からメタボ治療や生活習慣の指導を徹底して、増大する医療費を削減するのが狙いの新健診です。

 

 

メタボ健診の主な内容としては、喫煙習慣の有無を含む既往歴の調査や身長・体重・腹囲の測定、肝機能検査などなどです。これまでに会社が行ってきた企業健診と内容については、さほど変わりはないと言えます。

 

 

しかし、問題は健診同様に義務化される保健指導ではないでしょうか。メタボ健診の対象となる40歳以上の全国約5600万人のうち4分の1の人が引っかかり、医療機関での保健指導が必要になるとみられているからです。